ショースカ
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
1970年代のデザイン(2) -Meyer mouthpiece-

令和の時代もどうぞよろしくお願いいたします。 今回はSaxマウスピースのhard rubber素材について。

 

ラジオからバルカナイズ製法で作るスニーカー店の紹介が聞こえてきて、そういえばmeyer製造元JJ Babbitt社WebsiteにVulcanizingの製作工程があったのを思い出し 調べてみると、、、

 

加硫(かりゅう=Vulcanization)というキーワードを見つけました。

 

    Vulcanized Sneaker* & Sax mouthpiece**

* For further details, apply to Manufacturer.

 

加硫はゴム産業では伝統的な化学反応を応用した工程で、天然ゴム硫黄(いおう)を添加し加硫釜で熱と圧力を加えゴムを硬化させること。

 

スニーカー作り →1時間かけてアッパーとソールをしっかり結合させる。

 

マウスピース作り→18時間かけてエボナイト(hard rubber)にする。

 

rubber素材を加硫することでその製品に最適な弾性や強度を作り出していたのですね。分子結合レベルの人類の知恵に 感謝♪

 

*  Spingle move (Handmade sneaker)

** 1970s Vintage meyer alto

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| At! Kamazawa | Tpアット!カマザワ | - | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |