ショースカ
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
Vandoren 夏休み大研究 2018 ♪

猛暑つづきで皆さん体調はいかがですか?

2018夏休みに 楽器マニアの研究課題としてVandoren社のマウスピースを年代別に並べてみました。今回はSmall Chamberタイプに限定して比べてみましょー。

 

        Vandoren Alto Sax Mouthpieces

* For further details, apply to Manufacturer.

 

写真左から

A111      updated *  (1980年頃)

V5 A35    small font   (1983年〜)

V16 S+   updated version  (2016年7月〜)

* 1971年以降 数回マイナーチェンジされたA111を含むシリーズの最終形。

   2015年の参考記事:http://show-ska.jugem.jp/?eid=2306

 

A111,V5 は flat baffle, small round bore から生まれるアンサンブルに適したナチュラルな音色。最新のV16 はVintage meyerにインスパイアされたパワフルなズッシリとした太い音色ですね。ではボディサイズはどうでしょう。

 

年を追うごとに より太く重くなっているのが見受けられます。大きな音量にも対応するために楽器本体が重たくなっていったのと同じ傾向なのでしょうか?

 

* For further details, apply to Manufacturer.

 

そしてボトムから見えるround boreが小さくなるほど少ない息の量ですむことから、効率よく演奏できる設計に進化しているのが判ります。

 

* For further details, apply to Manufacturer.

 

じゃあ最新設計のV16が一番良いと言いたいところですが、、、、

年代の古いマウスピースほど Air混じりのなんとも言えない音色が魅力なのです。

 

ああ悩ましぃわー♪

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| At! Kamazawa | Tpアット!カマザワ | - | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |