ショースカ
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
Saxの共鳴板(2) -Selmer Tone X Resonators-

今回は1950sヴィンテージSelmerのパッド共鳴板の役割について。

2014年のレゾネーター記事=http://show-ska.jugem.jp/?eid=2288

 

年明けにマウスピース製作のKen Okutsu氏がFBに投稿されていたResonator(共鳴)とReflector(反射)の記事を読み進めているうち『 共鳴板として機能させるにはカップとの間に空間を作らないと振動しない... 』とあったので外されたオリジナルパッドを見てみたところ

 

Woah, たしかに裏面リベットに接着剤のシェラックが付いてへん :)

 

* For further details, apply to Manufacturer.

 

コーン型スピーカーのように共鳴振動することで音の深みや表現の幅が広がる大変ありがたい機能を持っているのですね。

 

この MARK VI のパッドは " シェラック少なめで裏のネジ周辺は接着なし " 高音部の別注レゾネーターも同じようにセッティングしています。キィの開きがオリジナルのまま狭めでも反応良く響いてくれるのは共鳴板のお陰かも?

 

* For further details, apply to Manufacturer.

 

アコースティック全盛期に設計されたSBAやMARK VI に標準装備されていたレゾネーターとリフレクターの役割を果たすTone X Resonatorsは頼もしい限り。

 

w/ original ToneX

* For further details, apply to Manufacturer.

 

豊かな音色で演奏するための知恵が詰まっていますね ♪

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

 

| At! Kamazawa | Tpアット!カマザワ | - | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |