ショースカ
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
1950年代のデザイン(4) -Current mouthpieces-

むかしのデザインを現代に蘇らせる楽器ネタシリーズ 。

至高ヴィンテージマウスピース'50s MEYER BROS NEW YORK 'Fat Boy' のデザインを意識して作られた現代のマウスピースを集めてみました。

 

 

太い音色を生み出すRounded inner-side-walls & Roll-over baffleの内部形状です。(緑文字=ネイティブ英語の発音でどーぞ)

 

Chamberは 丸、楕円、タイトな三角 と形が違いますが サウンド傾向は同じで1960 MEYER NEW YORK USA以降に見られるRampの盛り上がりはほぼ無く 高音で音痩せしません。

 

 

それぞれこだわりの 極細レール、内側ポリッシュ、ロングフェイシングはリードをたっぷりと振動させるとても素晴らしい仕上がりで、リフェイサー経験が生かされた作り手の誇りを感じます ♪

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| At! Kamazawa | Tpアット!カマザワ | - | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |