ショースカ
無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
Vandoren 夏休み大研究 ♪

2015夏休みに 楽器マニアの研究課題としてVandoren社のマウスピースを年代別に集めてみました。

黒光り具合が カブト虫みたい 。。。。

            Vandoren Alto Sax Mouthpieces

* For further details, apply to Manufacturer.


写真手前より
1960s  ALTO "S" JAZZ MODEL        ... high baffle !
1970s  New "A" alto sax model A111 ... large chamber !
1980s  streamline A111         ... lead alto sound !

1983〜 V5series A35                    ... be-bop
 Jazz ! 

現在も続くロングセラーモデルのV5 series は Jazzアルト奏者
Steve Coleman(as)
Greg Osby(as)
Gary Bartz(as)

が'80年代後半に使用していたことで話題になったマウスピースですね。クラシックSax奏者に愛されるこのモデルのTip Openingの広いものは より大きいサウンドも表現できるV5 Jazz seriesデザインを採用し、バランス良くすべてのTip Openingにおいて楽器本体を豊かに響かせる設計になっています。


JUGEMテーマ:アート・デザイン

| At! Kamazawa | Tpアット!カマザワ | - | - | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - | - | - |