ショースカ
無料ブログ作成サービス JUGEM
2019の新デザイン-Monette mouthpiece-

米のトランペットメーカー David G. Monette社が新デザインのマウスピースをリリースしました。ピッチセンターの理念を貫いた設計は多くのプレーヤーに支持され、そのサウンドは音楽芸術に華を添えます。

 

              Tradition PLUS by Monette

* trumpet : Inderbinen alpha

 

V.Bachのマウスピースで採用されているフォルムに近く、全長はBb monetteと同じでClassicラインとは違うタイプのBackboreをもつSilver Plating仕様。

 

伝統的な外観に独自設計をプラスした新デザインマウスピースはとてもいい感じ ♪

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| At! Kamazawa | Tpアット!カマザワ | - | - | - | - |
現代のデザイン -RW Wooden Ligature-

今回は木製のリガチャーです。New YorkのSax専門店Roberto's Windsのオリジナル アクセサリーはAfrican Blackwood材で作られた少し前のプロダクト品。

 

   RW Wooden Ligature for Alto Saxophone

For further details, apply to Manufacturer.

 

当時は木の種類が3種類から選べて 使用マウスピース('60 NY meyer Alto rubber )を伝えて合うものを送って貰ったところ、ぴったりとフィット。

 

For further details, apply to Manufacturer.

 

Reedのカット特性を感じ取れる吹奏感は演奏表現に新たな発見をもたらします。

天然素材なのでクルクル回してみると心地よく響くポイントが見つかりますょ。

 

Saxが木管楽器であることを再認識できる現代のデザイン ♪

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| At! Kamazawa | Tpアット!カマザワ | - | - | - | - |
New Yorkのデザイン -JL Woodwinds Carbon Fiber case-

今回はSaxケースのcustom madeについて。 New York manhattanの楽器修理店JL Woodwinds RepairのJohnさんに縁あってGIG Caseを作ってもらいました。

 

  JL Woodwinds Carbon Fiber case

For further details, apply to Manufacturer.

 

かなり堅牢な作りと聞いていましたが評判どおりカッチリ作られています。内装は楽器個体にperfect fitさせる事で輸送時のガタつきがありません。

 

For further details, apply to Manufacturer.

 

Latchesはワン アクションしないと開かないタイプが採用されていてとっても安心。

 

For further details, apply to Manufacturer.

 

楽器持ち替え奏者は内装をカスタムしてまとめて運ぶと快適でしょうね。

 

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| At! Kamazawa | Tpアット!カマザワ | - | - | - | - |
1960年代のデザイン-Meyer mouthpiece-

今回はJazz Alto Sax名手Phil Woods(as)が長年愛用した事でもよく知られているvintage Meyer NEW YORK USAです。1960年代にMeyerBros社NewYork工房で作られた5世代目のデザインは現在に受け継がれている外装フォルムですね。

 

  1960's meyer NEW YORK USA alto mouthpiece

For further details, apply to Manufacturer.

 

内部形状はBuffle奥がタイトなRounded inner side-wallsでBeakは丸みがあってコンパクト肉厚。

* For further details, apply to Manufacturer.

 

楽器本体を気持ちよく響かせる音色はAir混じりのウォームなサウンド。

* For further details, apply to Manufacturer.

 

SHOW-SKAの楽曲♪Color of the SKaY (2011年作品) 

【PC試聴】 https://music.apple.com/jp/album/royal-straight-flush/475676754

のレコーディングで使用した思い出マウスピース♪

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| At! Kamazawa | Tpアット!カマザワ | - | - | - | - |
1970年代のデザイン(2) -Meyer mouthpiece-

令和の時代もどうぞよろしくお願いいたします。 今回はSaxマウスピースのhard rubber素材について。

 

ラジオからバルカナイズ製法で作るスニーカー店の紹介が聞こえてきて、そういえばmeyer製造元JJ Babbitt社WebsiteにVulcanizingの製作工程があったのを思い出し 調べてみると、、、

 

加硫(かりゅう=Vulcanization)というキーワードを見つけました。

 

    Vulcanized Sneaker* & Sax mouthpiece**

* For further details, apply to Manufacturer.

 

加硫はゴム産業では伝統的な化学反応を応用した工程で、天然ゴム硫黄(いおう)を添加し加硫釜で熱と圧力を加えゴムを硬化させること。

 

スニーカー作り →1時間かけてアッパーとソールをしっかり結合させる。

 

マウスピース作り→18時間かけてエボナイト(hard rubber)にする。

 

rubber素材を加硫することでその製品に最適な弾性や強度を作り出していたのですね。分子結合レベルの人類の知恵に 感謝♪

 

*  Spingle move (Handmade sneaker)

** 1970s Vintage meyer alto

 

JUGEMテーマ:アート・デザイン

| At! Kamazawa | Tpアット!カマザワ | - | - | - | - |